スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父子家庭児童扶養手当の申請

 今年最後のブログはこんなネタにしたいと思います。
これは本日地元紙の記事ですが、「児童扶養手当 
父子家庭申請7割 予定より少なく見込み過大の可能性」
 


 今年の8月分から父子家庭でも児童扶養手当の申請が可能に
なりました。(来年の社会福祉士試験では出題されそうですね・・・)
このブログでは何回も主張していますが、福祉制度の申請主義
には大変疑問を感じています。
当然、父子家庭で児童扶養手当
対象の世帯を役所では把握しています。それにも関わらず申請とは・・。

 もちろん申請主義が大問題ですが、やはり周知(広報)の仕方にも
問題があると思います。見ない方が悪い面もありますが、地元広報誌に
少し掲載しただけでは・・。限りなく役所からの消極的な申請願いですね。

 今年はブログ存続の危機もありましたが、来年もよろしく
お願い致します。良いお年を!!

 
社会福祉士の社会的認知度アップを目指す


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
     ↓

スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。