スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理学療法士公開講座

 今日は理学療法士会主催のリハビリテーション公開講座に参加してきました。
メインは関節拘縮の予防・改善の実技指導でした。リハビリやレク等の重要性
は分かっていますが、どうしても日々の介助(食事・オムツ交換・入浴)
に追われて、疎かになる部分です。今回の講座は、生活相談員の立場でも
決して無駄にはならないと思い自ら志願して参加しました。

 よく言われる話ですが、PT(理学療法士)やOT(作業療法士)の人が
お互いに「先生」と呼び合うのは個人的にも抵抗があります。
大学卒業したばかりの22・3歳の子が周りからいきなり「先生」なんて
呼ばれたら、全員とは言いませんがやはり勘違いしますよね。
あれは昔からの習慣なんですかね・・・・。


社会福祉士の社会的認知度アップを目指す


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  
スポンサーサイト

テーマ:研修会・講習会・イベント - ジャンル:福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。