スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会福祉士配置加算

 最近は月3回ペースでの更新になってしまいました。(笑)

 今回は社会福祉士の配置加算について書きたいと思います。
私が知る限りでは、福祉分野で社会福祉士の配置加算が
ないのは老人分野だけです。
(もし間違っていれば指摘
してください)

 老人分野の相談員は現状誰も良いんですよね。悲しいことです。
社会福祉士加算が付くことで給料も上がればもちろん理想ですが、
給料に反映されなくても、加算が付くことで自分の存在価値や
仕事へのモチベーションが上がればそれだけでも十分意味があります。

 社会福祉士の業務独占は最終目標ですが、老人分野への
社会福祉士配置加算は急務です。切に願います。


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  
スポンサーサイト

テーマ:社会福祉士 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

特養で施設ケアマネをしていますが、私も社会福祉士を取得しています。

現状、地域包括には配置されていますが、高齢者分野では社会福祉士は必要で無いという国の姿勢なんでしょうね。国家資格でありながら。

悲しいことですが、資格取得のための実習を受け入れたりしながらも、実際には社会福祉士を意識して仕事をする場面はあまりありません。意識の問題かもしれませんけれど。

haruさんへ

書き込みありがとうございます。

本当に社会福祉士は問題山積ですね。
まるで今の民主党政権みたいです。(笑)

業務独占や配置加算に必要な大前提は、
”社会福祉士の社会的認知度アップ”だと
思っています。

また、遊びにきてください。


プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。