スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申請制度の壁

 僕が社会福祉士を目指した原点(理由)は「申請制度の壁」です。
福祉とは全く無関係の一般企業で働いていましたが、あることを
きっかけに「福祉制度」が必要な状況になりました。しかし・・・役所からは
”絶対”本来利用できないはずの福祉制度を教えてくれません。
利用者やその家族からの申請制度です。
きっと、よく読めば広報に記載
しているなんて言うんでしょうね。(笑)

 その上、税金は強制徴収で未納や督促のお知らせはちゃんと来ます。
まさに、住民主体ではなく官庁主体です。納税(義務)している人は、
当然福祉制度を受ける権利があります。
そんな本来福祉制度を利用
できる人が知らないまま泣き寝入りすることなく、現行の福祉制度で利用
出来ることがあれば助けてあげたい。これが僕が社会福祉士を目指した
理由です。僕と出会った人は福祉制度で絶対損をさせません。
そのためには、日々自己研鑽で勉強しないとですね。


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  
スポンサーサイト

テーマ:社会福祉士 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。