スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会福祉士会基礎研修

 先日、地元で社会福祉士会の「基礎研修」があり参加
してきました。(未入会でも参加可)

 研修の内容は、「社会福祉士の役割と求められるもの」
(社会福祉士の現状)・「生涯研修制度について」・
「社会福祉士の仕事について」(独立型社会福祉士)
でした。

 福祉士会の会長などは、「昔に比べると社会福祉士が求め
られる仕事の領域が増えてきた」「独立型社会福祉士が我が
県には10事業所”も”ある」など、立場的には当たり前だと思い
ますが、社会福祉士(社会福祉士会)が社会的にも価値のある
資格だと力説していました。確かに社会福祉士ができた当初
(20年前)と比べれば社会的認知度も多少アップしたと思います。
しかし、20年も経過してこの程度の社会的認知度とは大変悲しい
ことです。正直、福祉士会の人とは社会福祉士に対する
価値観にかなりのギャップを感じました。


 最後に今回の研修で印象に残った言葉を書きたいと思います。

・糸賀一雄の言葉を引用して、「(社会福祉士としての)自覚者
は責任者である」

・プロ棋士の話しから、「アマチュアとプロ(社会福祉士)の違いは、
アマチュアは考えるがプロは感じる」
 


 先のことは分かりませんが、現時点ではあまりメリットを感じないの
で社会福祉士会には入会しないと思います。


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
       ↓

  

スポンサーサイト

テーマ:社会福祉について - ジャンル:福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。