スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返る

 今年も色々ありました。社会福祉士の試験が1月末にあり、合格発表までが
本当に長かった。(笑)合格したことを機に転職しますが・・・自分の考えが
甘くその後3ヵ月の無職期間は本当に辛かったです。

 現在は、某施設で「生活相談員」という肩書きで仕事をしていますが
なかなか自分の理想通りにはいきません。「生活相談員」の仕事内容
はかなり曖昧なので、これで別の施設なら仕事内容も全然違うと思います。

 そして、このブログでは書きませんでしたが9月に新車を買いました。
前の車(約20万キロ)を廃車にして補助金25万頂きました。

 今年の大きな出来事はこんな感じです。あまり更新しないブログですが、
自己満足で色々なことを主張してきました。来年もできるだけ更新しますので
引き続きよろしくお願いします。良いお年を!


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

子ども手当て

 一応方向性が決まりました。第23回試験では出題されそうな
臭いがプンプンします。
(笑)  

 社会福祉士を受験する人(考えている人)は当然知っていること
だと思うので、連日マスコミで報道されている現行児童手当との変更点
(対象、所得制限の有無、手当て額)は敢えて書きません。

 現行の児童手当 → 民主党の子ども手当て

[目的]
「家庭における生活の安定に寄与」
「次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上」
 → 「次代の社会を担う子どもの成長及び発達」

[認定]
「公務員以外 市町村」「公務員 所属長」
 → 「市町村」

[費用負担] 
「自営業、サラリーマン、公務員といった保護者の職業や
 子どもの年齢によって、費用負担はバラバラ」
 → 「全額国庫負担」のハズが・・・「現行児童手当分は地方
    と事業主が引き続き負担」


 確かに一歩前進で重要なことだけど、この政策だけで出生率は
上がりません。現金支給されてもそのお金の使い道は親次第で、
ちょっと贅沢すればすぐなくなります。一昔前なら、子どもに一番
お金が掛かる時期に伴い、世帯の所得も右肩上がりに上がりました。
しかし、現在では完全に崩壊し先行きの見えない不安から守りに入る
(貯蓄)するので、経済(お金)も全然廻りません。
まさにデフレスパイラル状態です。

 以前のブログでも少し書きましたが、年3回の現金支給は現行の
児童手当と同額で子ども手当ての増額分は、小学校入学時や
中学校入学時など人生の節目でお祝い金としてまとめて支給
するのも一つの案としては良いと思います。 

 
 そして、それも選択性にして一番お金の掛かる高校卒業時まで増額分
の支給を待った(我慢した)家庭には、プラスαの増額があるなど恩恵が
あってもいいですね。

ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  

テーマ:<児童福祉> - ジャンル:福祉・ボランティア

特養の入居待機者42万人

 以前は、社会福祉士の試験に出題されるのでこのブログでも
福祉関係の時事ネタをよく書いていましたが、最近はご無沙汰
でした。

 特別養護老人ホームの入居待機者が42万1000人いることが、
厚労省調査でわかった。3年前より約3万6000人増えており、優先的
に入所できる要介護4~5の待機者は約6万7000人いる。
 厚労省は、市町村の施設建設支援のため。交付金を増やすなど
対策を進めているが、自治体の財政難に加え、土地や人材の確保
が難しく、建設は進んでいない。

 現在、うちの施設でも約150名の待機者がいます。入所申込を
されるご家族には必ず「いつ頃入所できますか?」なんて聞かれ
ます。みなさん現状を切実に訴え、「明日からでも入所したい!」
勢いです。気持は分かるけど・・・・


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  

テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア

職業は?

 またまた更新が遅れています。来月、社会福祉士を受験する人は
いよいよ追い込みの時期だと思います。無理をしない程度に頑張って
ください。

 さて、今回のブログは「職業について」です。同業種以外の方や
書類などに記入する際の職業について大変悩みます。社会福祉士に
合格した時のブログでは、職業を聞かれたら「社会福祉士と答えます」
なんて理想を書きましたが、現実問題それでは世間一般に理解されま
せん。

 転職前は「介護職」と言えば、決まって「大変ですね~」なんて
言われ仕事内容も理解されました。今は職業を聞かれた時や
書類の職業欄などには「施設職員」と言っています。それでも
世間一般では「施設職員=介護職」なので「大変ですね~」
なんて言われます。(笑) やはり、他業種の方に「生活相談員」
と言っても仕事内容が理解されません。

 このブログのメインテーマですが、本当に「社会福祉士」や「生活相談員」
の社会的認知度アップが必要です。
 


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
      ↓

  

テーマ:社会福祉士 - ジャンル:福祉・ボランティア

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。