スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新

 4月から法人内の人事異動があり色々バタバタしていました。
一般企業から福祉業界に転職し今まで老人施設で働いていましたが、
4月からは障害者施設勤務になりました。障害者自立支援法も勉強
しないとですね。それと、先日精神保健福祉士の登録証が届きました。

 以上、誰も興味のない近況報告でした。(笑) 
 

ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
   ↓



スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者虐待について2

 高齢者虐待について追記します。虐待や拘束には明確な判断基準が
ありません。また、児童虐待の報道でもよく「しつけの一環」なんて
話があります。虐待の判断基準は職員(親)の主観で、感覚が麻痺
しているのだと思います。

 利用者に対して「ちょっと待ててください」なんて普通に言います
よね。これは言葉の拘束(スピーチロック)です。また、先日こんな
話を聞きました。「うちの母親が施設に入所しているが、男性職員が
入浴介助をしていたのに驚いた」
どう思いますか? どこの施設でも
普通にしていることですよね。世間一般的には、異性が入浴介助なんて
非常識なことで、これが「感覚麻痺」です。

 今回のブログで言いたいことは、人手不足(ローテーション)もあり
同姓介助が不可能なことは百も承知していますが、今の現状が当たり前
(感覚麻痺)だと思わないでください。仕方なく世間一般的には非常識
なことをしているんですね。


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
   ↓



テーマ:考えさせられた事 - ジャンル:福祉・ボランティア

高齢者虐待について1

 今年度も残り1ヵ月を切りました。今回は高齢者虐待について少し
書きたいと思います。最近、高齢者虐待の報道が多くて本当に胸が
痛みます。同業者として悲しいです。よく「仕事のストレスで・・・」
なんて記事を読みますが、自分の祖父や祖母に対して同じ行為をする
のか考えてほしいです。絶対しませんよね。

 そして、「今働いてる施設に自分の身内(自分自身)を入所させたい
ですか?」
この質問に対して自信を持って「はい!」と言える様な施設
が増えることを願います。


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
   ↓



テーマ:考えさせられた事 - ジャンル:福祉・ボランティア

Always Say Yes !


 精神保健の実習前半戦(6日間)が終わり、来月後半戦
です。周りの環境が許せば(自分自身が割り切れれば)
やはり、連続して12日間が理想です。

 「厚生福祉」からこんな話題を紹介します。

 医療現場はとくかく規制が多く、「面会時間は何時から
何時まで」「携帯電話は原則使用禁止」など、あれはダメ、
これはダメの印象がつきまとう。職員にも「病院だからダメです」
という医療現場における既成概念や固定観念がある。

 そこで亀田メディカルセンターの職員は「Always Say Yes」
と描いたバッチを胸につけることにしている。

 「病院だから全部No」ではなく、まず「Yes」と言って、
「どこまでならできるかを探そう」「要望に対して自分たちは
何ができるのかをまず考えて、やれることをやってみよう」、
そういった姿勢が重要だということを表している。

 亀田メディカルセンターの最も尊ぶ精神は、”固定概念に
とらわれないチャレンジ精神” まさにこれを表すキャッチコピーが
”Always Say Yes” なのである。


 福祉現場や医療現場は「サービス業」なので、この精神は本当に
大切なことだと思い、話題にしました。病院とか愛想のない職員本当
に多いですよね・・・悲しくなります。 


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
   ↓



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

福祉新聞より1

 福祉新聞から、個人的にもうひとつ取り上げたいネタがあるでの
今回のブログは1にしました。

 「2010年の医療・福祉の月額賃金 全産業より2万6500円低く」
こんな記事がありました。この記事どう思いますか? 突っ込みどころ
ありますよね。(笑) 医療と福祉を一括りにしているとは・・・。
ちなみに、この記事厚生労働省調べです。ハッキリ言って呆れました。
医療と福祉が一括りなら、医者と介護士が同じフィールドです。
それで、医療・福祉の男性平均賃金が36万8100円(女性25万4000円)
とのことでした。福祉で36万8100円だと施設長・事務長クラスですね。

 私の実感だと悲しいことだけど、福祉は全産業の6割ですね。
実際に私が一般企業から福祉業界に転職した時、このぐらいでした。(泣)


社会福祉士の社会的認知度アップを目指す


ブログランキングに参加しています。
1クリックよろしくお願いします。
   ↓



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
「年齢」:30代後半
「肩書き」:某施設の生活相談員
「給料」:この歳にしては本当に
     寂しい給料です。

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。